これからバーチャルオフィスを利用する方へ

バーチャルオフィス

これから起業を考えられている方の多くが、多額の初期費用の投資に頭を悩ませていることでしょう。
たとえ起業出来たとしても成功するかどうか先行きも解らない中で、多額の借金抱えてまでして初期費用を確保するには想像を絶する覚悟が必要となると思います。

しかし、最近では低コストで起業している人たちが増えていることをご存知ですか?
「バーチャルオフィス」という新しい起業方法を利用することにより、低コストでの企業が実現可能となっているのです。

同じ低コストで起業する方法に「レンタルオフィス」という方法がありますが、「バーチャルオフィス」と「レンタルオフィス」では中身が全く変わってきます。
いったい何が違うのかこれからご紹介していきますので参考にして下さい。

レンタルオフィスの場合は「現実にあるスペース」をレンタルします。
しかし、バーチャルオフィスの場合は「住所」をレンタルするのです。
つまり、複数で会議を行なったりコピー機やデスクなどの設備が必要な方はレンタルオフィスが向いており、個人でなおかつパソコン一つあればどこでも仕事が可能な方はバーチャルオフィスが向いているということです。

個人でパソコン一つあればどこでも仕事が可能ならば、別に住所をレンタル必要はないのではないか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、中には名刺に記載する住所や郵便物や宅配物が届くための住所が必要な方もいます。
その様な方たちがバーチャルオフィスを利用しています。

次は利用コストについてご説明します。
レンタルオフィスではデスクやコピー機、ネット回線などがあらかじめ用意されていますが、実はそれぞれに使用料が必要になる場合があります。
そのほかにも、来客の接待や会議を行なうために会議室を使用する場合も別に使用料が必要となる場合があります。
つまり、それぞれの使用料は安くても、使用する物が重なるにつれて気付いたらコストオーバーしてしまう恐れがあるのです。

バーチャルオフィス

しかし、バーチャルオフィスの場合は借りるのは住所だけです。
レンタル料金も数千円単位~からと超割安価格となっているため、コストオーバーの心配はありません。
また、届いた郵便物や宅配物を預かるだけでなく、パソコンや携帯の方に連絡してくれるサービスを行っているバーチャルオフィスもあるのでとっても便利です。

次にレンタルの申し込みやすさについてご説明します。
レンタルオフィスの場合は主に法人様向けにレンタルの申込みを受け付けている場合が多いです。
それに比べてバーチャルオフィスは法人でも個人でも申し込みを受け付けている場合が多いです。
つまり、業種によってはレンタルオフィスにしか申し込めない場合もあるということです。

自分はどんな業種の起業を目指しているのか?
どれぐらいのコストを考えているのか?
どんな設備が必要となるのか?
個人だけで作業を行うのか?それともスタッフを他に雇って複数で作業を行うのか?
いろんな用途を踏まえた上で、バーチャルオフィスの利用を検討されて下さい。